トップページ  >  ニュース一覧  >  リードユース日本選手権、桜ヶ池クライミングセンターで開催

リードユース日本選手権、桜ヶ池クライミングセンターで開催

2020年10月14日


写真=篠崎喜信

文=北山 真

2020年10月10日~12日の3日間、富山県南砺市の桜ヶ池クライミングセンターで、第8回のリードユース日本選手権が開催された。

世界レベルの選手を擁する男子ジュニアでは予想どおり、昨年ワールドカップで優勝した西田秀聖(にしだ・ひでまさ)と、昨年の世界ユースボルダー、そしてJOCでも優勝した百合草碧皇(ゆりくさ・あお)の対決が展開された。予選ではAルートで百合草が1位、Bルートで西田が1位と互角の結果だった。しかし決勝では西田の36に対し百合草は43という成績で圧勝した。

女子ジュニアも2名によるし烈な戦いとなった。予選Aルートでは二宮凛が終了点にあと1手と迫る登りで1位、Bルートでは小島果琳がただ一人の完登で1位となった。決勝ではなんと両名ともに同高度、タイム差で小島の優勝となった。

女子で最も実力者が多いユースAでは、谷井菜月が世界レベルの実力を発揮。森秋彩、伊藤ふたばが欠場ということで向かうところ敵なし。決勝をただ一人完登し優勝を決めた(ジュニアと同一ルート)。


写真=平山ユージ

ジュニア男子

1 百合草碧皇(埼玉)
2 西田 秀聖(奈良)
3 大政 涼 (愛媛)

ジュニア女子

1 小島 果琳(岐阜)
2 二宮 凜 (千葉)
3 栗田 湖有(新潟)

ユースA男子

1 吉田 智音(奈良)
2 田中 裕也(岐阜)
3 上村 悠樹(東京)

ユースA女子

1 谷井 菜月(奈良)
2 久米 乃ノ華(千葉)
3 阿部 桃子(神奈川)

ユースB男子

1 安楽 宙斗(千葉)
2 通谷 律 (佐賀)
3 猪鼻 碧人(埼玉)

ユースB女子

1 森 奈央(三重)
2 抜井 美緒(奈良)
3 小池 はな(埼玉) 

ユースC男子

1 藏敷 慎人(兵庫)
2 石原 凛空(東京)
3 三竿 莉平(栃木)

ユースC女子

1 小田 菜摘(大阪)
2 関川 愛音(青森)
3 藤村 侃奈(奈良)

ジュニア=2001~02年生まれ
ユースA=2003~04年生まれ
ユースB=2005~06年生まれ
ユースC=2007~08年生まれ

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ