トップページ  >  ニュース一覧  >  ニルマル・プルジャがスピード記録を樹立。8000m峰14座を189日で完登

ニルマル・プルジャがスピード記録を樹立。8000m峰14座を189日で完登

2019年10月31日

ネパール人登山家‘ニムス・ダイ’ことニルマル・プルジャ(36)が10月29日8時58分(現地時間)、シシャパンマに登頂し、公言したとおり、7カ月で8000m峰14座のプロジェクトを完遂した。要した期間は189日(6カ月と6日)。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

United we conquer ! Here is to The A-team 🙌🏼 . .(Climbing team ) @mingma_david_sherpa , @gesmantamang , @geljen_sherpa_ @zekson_srpa ,Halung Dorchi . . . The journey of 14/7 has tested us all the way though at many levels. Together we have been through so much, we climbed not only as a team but as brothers with one sole goal to make the impossible possible pushing the human limitations to next level. Now, the BROTHERHOOD that we share between us is even STRONGER ! . . #trust #brotherhood #team . . 14/14 ✅ #14peaks7months #History . . #nimsdai #BremontProjectPossible ‬ #dedication #resilience #extremehighaltitudemountaineering #uksf #extremeoftheextreme #nolimit #silxo #ospreyeurope #antmiddleton #digi2al #adconstructiongroup #omnirisc #summitoxygen #inmarsat #thrudark #gurkhas #sherpas #elitehimalayanadventures #alwaysalittlehigher

Nirmal Purja MBE – Nimsdai(@nimsdai)がシェアした投稿 –

元・イギリス海兵隊員の快挙に、出身のネパールのメディアはもとより、BBC(英国放送協会)やガーディアン(大手紙)も大きく報じている。

14座目となったシシャパンマは、冬が間近に迫り、他隊のフィックスロープもあてにできないなかでの挑戦となった。ニムスの親知らずが腫れる(!)という困難にも見舞われたが、すべてのピンチを乗り越えた。

今回の登頂により、ニムスの登山を支えてきたミンマ・ディヴィッド・シェルパ(30)が14座完登の最年少記録を更新している。

*ダイはネパール語で‘兄貴‘の意味。
*『ROCK&SNOW』086号で続報予定

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ