トップページ  >  ニュース一覧  >  渡部桂太、ボルダリングワールドカップ第3戦で優勝

渡部桂太、ボルダリングワールドカップ第3戦で優勝

2017年5月1日

文=北山 真

渡部桂太(23、三重)が4月29、30日に行われた、ボルダリングワールドカップ第3戦中国・南京大会で優勝した。渡部は予選Bグループで2位、セミファイナルでは1位と終始好調を維持し、ファイナルでもただ一人の全4完登で金メダルを手にした。

 

IFSCさん(@ifsclimbing)がシェアした投稿

日本人選手はこの大会でも全般的に好調で、ファイナルには男女ともに半数の3名が出場した。男子は今後、楢崎智亜、藤井快の両トップに、渡部が加わった三つどもえの戦いが展開されるのではないだろうか。

女子は第2戦で異次元の実力を発揮したヤーニャ・ガーンブレットだが、ファイナル第3課題でつまずき、ショウナ・コクシーに優勝をさらわれた。いずれにせよ、今シーズンはこの二人の壮絶な戦いになることが予想される。野中生萌がこのトップ争いに加わることに期待したい。

男子

1 渡部桂太
2 楢崎智亜
3 イェルネイ・クルーダー (SLO)

4 チョン・ジョンウォン (KOR)
5 マニュエル・コルヌ (FRA)
6 杉本 怜

女子

1 ショウナ・コクシー (GBR)
2 ヤーニャ・ガーンブレット (SLO)
3 野中生萌

4 キム・ジャイン (KOR)
5 尾上 彩
6 小武芽生

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ