トップページ  >  ニュース一覧  >  訃報:4月30日早朝、スイス人アルピニスト、ウーリー・シュテック、ヌプツェにて死す。享年40

訃報:4月30日早朝、スイス人アルピニスト、ウーリー・シュテック、ヌプツェにて死す。享年40

2017年5月1日

文=climbing.com 訳=羽鎌田学

シュテック氏は、エベレスト・ローツェ無酸素縦走を目指し、ヒマラヤで活動中であった。氏は、1963年の初トレース以来、再登者の出ていないホーンバイン・クーロワールからのエベレスト登頂と、同峰からローツェへの前人未到の縦走を無酸素で目指していた。

 

Ueli Steckさん(@uelisteck)がシェアした投稿

原因等、事故の詳細はまだ明らかになっていないが、ローツェから西へのびる尾根上に位置するヌプツェのウエスタン・クーム側、エベレスト通常ルートの第1キャンプ近くで遺体はすでに回収された模様。

シュテック氏は、現地でアクティブな高度順化を実行中であった。高所キャンプに滞在しながらの高度順化ではなく、日中はトレーニングとして高所に登り、夜はベースに戻って睡眠を取るという方法であった。今回の事故は、そのトレーニング中の惨事であったようだ。

エベレスト・ローツェ無酸素縦走を共に目指していたパートナーのテンジ・シェルパ氏は凍傷治療のために登山活動を中断中であったので、ひとりで登っていての事故である。彼は、今シーズン初の死亡者となってしまった。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ