トップページ  >  ニュース一覧  >  O-Key=8の字結びが楽にほどける画期的なギア

O-Key=8の字結びが楽にほどける画期的なギア

2017年5月23日

Albi, you are such a clever observer! After the belay glasses this one too. Well dooooone. I want 2!
More info on 8a.nu ( I wish I knew how to share the link).
Can I also open beers with that device?

Emanuele Pellizzariさんの投稿 2017年5月17日

文=北山 真

随分昔の話だが、イタリアでのワールドカップの最中に、不完全なブーリン結びが登っている途中に解けて(ハングで飛び出したホールドがロープの輪に引っ掛かり、クライマーが前後に動いたためのようだ)クライマーがグラウンドフォール、大怪我をした事件が起きた。この事故がきっかけでIFSCは8の字結びしか認めないルールを制定した。

しかしどんなに丁寧に結んだ8の字結びでも、ロングフォールした場合、それをほどくのはかなり手間になる。近年細い径のロープが主流になり、ほどけない8の字結びに拍車をかけている。

今回、ビレイグラスの発案者としても知られるドイツ人のアルビ・シュナイダーが考案した〝O-Key〟は、8の字結びの中に押し込むだけで、その問題を解決してくれるギアだ。ロワーダウンして地面に着いたらそれを外すだけ。ロープは簡単にほどける。近い将来、コンペでO-Keyの使用が義務づけられることになるかもしれない。

このO-Key、別名「Safety First」は、本年6月にドイツで開催される国際アウトドア見本市で紹介されるようだ。値段は一個、4~5ユーロ。ただしアルビ氏は、5個ワンセットを10ユーロで販売することを考えているらしい。

なおO-Keyは、チータースティック(チョンボ棒)の先端につけたカラビナのゲートを開けておくのにも使えるようだ。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ