トップページ  >  ニュース一覧  >  スティーブ・マクルーア、英国初の9b/5.15bに成功!

スティーブ・マクルーア、英国初の9b/5.15bに成功!

2017年6月6日

The last move! That's what I figured. Thats what I considered the last move of this monster. After the last move there…

Steve mcclureさんの投稿 2017年5月21日

2017年6月5日、Natalie Berry-UKC 訳=羽鎌田学

スティーブ・マクルーアは、イギリス、ノースヨークシャー州、マラムコーブでかつて彼自身が設定し長期にわたり一大プロジェクトであったルートのレッドポイントに成功し、イギリスで初の9bというグレードをつけた。

そのラインは“Raindogs”(8a)から始まり、“Rainshadow”(9a)に合流し、その核心を通過。その後“Batman”(9a/+)に入り、最後は“Bat Route”(8c)の終了点に至るというもの。まだルート名は決まっていないようだが(その後、“Rainman”に決定)、今までスティーブはこの自身のプロジェクトの話をする際に、“The Easy Easy”と呼んでいた。

ソーシャルメディアで彼のフォロワーになっている者なら、すでにプロジェクトのレッドポイント成功までのストーリーをよく知っていることだろう。長年のトレーニング、進歩、失敗、成功に対する疑念、そして最後のハードムーブでの無数のフォール。そのすべてが、昨日の夕暮れどきに結実した。7年に渡るトライだった。

彼はFacebookに次のように書き込んでいる。

YES! At last, it goes! What a day. From the lowest to the highest. Thought I'd blown it at first, great conditions, but…

Steve mcclureさんの投稿 2017年6月5日

「やった! ついに登れた。それにしても、なんて日だったんだ。ドツボの底にいる気分から天にも昇る心地になるとは。最初のトライは、折角の好条件を台無しにしてしまったのではと考えながらも、太陽の温もりがまだ残っている岩を慌てふためくように登っていった。そしてラストムーブ。結果はいつもと同じ。こんなに壁の状態がいいのも滅多にないのに、それを無駄にしてしまったと気が滅入る。そこでしっかりレストすることにし、岩場の上の草原を散歩。素晴らしい眺めに疲れも癒される。自然の鼓動を感じ、自分が辺りと一体化したように感じる。それにしても最高の景色だった。そして再びトライ。今までと同じように落ちそうになりながらも、間一髪で成功。今は最高の気分だ。でもなんて長い道のりだったことか」

スティーブのレッドポイント成功を目撃したひとりであるイアン・ダンはUKCに次のように語った。

「歴史が作られる瞬間を目にすることができて最高でした。アダム・オンドラには是非再登してグレードを確認してもらいたいですね」

この新ルート、スティーブが2007年に成功し、2011年にはアダム・オンドラによって再登され「ハードな9a+」とコメントされた“Overshadow”(9a+)にとってかわり、英国最難のスポートルートとなったのである。

>>グレード比較表

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ