トップページ  >  ニュース一覧  >  パラクライミング世界選手権、日本は金3、銀3、銅1

パラクライミング世界選手権、日本は金3、銀3、銅1

2019年7月19日

文・写真=佐藤建(日本パラクライミング協会会長)

7月16日、17日、当初、国内開催予定だったパラクライミング世界選手権は、フランスクライミング協会の協力により、無事ブリアンソンで行うことが出来ました。

大勢の選手が、全国から集まったたくさんの支援により、最高のパフォーマンスを世界の舞台で発揮する事が出来ました。

日本チームとして今回で5度目の世界選手権となりますが、今まで以上のメダル数を取ることが出来ました。

また、メダルに届かなかった選手も、大きな刺激となり、次回へのモチベーションにつながりました。ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。


金メダルを獲得した吉田 藍香選手(左)、小林 幸一郎選手(中央)、会田 祥選手(右)


メダル獲得選手7名


開会式の様子

金メダル

吉田 藍香選手(女子RP3)
会田 祥選手(男子B2)
小林 幸一郎選手(男子B1)

銀メダル

吉田 桃子選手(女子RP3)
江尻 弓選手(女子B2)
大内 秀之選手(男子AL1)

銅メダル

江尻 元洋選手(男子B3)

※RP=神経障害 B=視覚障害  AL=下肢切断

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ