トップページ  >  ニュース一覧  >  ポール・ロビンソン、8A (V11)以上のボルダー1000課題達成

ポール・ロビンソン、8A (V11)以上のボルダー1000課題達成

2020年5月22日

2020.5.18 By Michael Levy/rockandice.com 訳=羽鎌田学

2003年8月18日、16才になる誕生日を10日後に控え、ポール・ロビンソンはカナダのスコーミッシュでThe Eggを登った。この8A (V11)の課題が、記念すべき1本目となったのである。

「クリス・シャーマが登場する古いビデオをよく見ていたのを覚えていますよ。ビデオの中で、彼と仲間のボルダラーたちが課題を片っ端から片付けていくのを、特に彼らがこの課題を登るシーンは食い入るように見ていましたね。その課題がThe Eggでした。ですから、わかるでしょう?早く自分でそこに行けるようになって、トライして、それを落とすことが、夢だったのです」

当時彼がThe Eggの再登記録を8a.nuにアップした時、17年後に8A以上の課題1000本目の記録を書き込むことになるとは知る由もなかった。しかし先週末、コロラドのコール・クリークで8B (V13)のGet Laidに成功し、これが彼にとっての1000本目となったのだ。

The Eggを登った当時を回想し彼は語る。

「あの頃は、もちろんプロのクライマーではなくて、まだハイスクールの学生でした。ですから、いつか1000本目を登る日がやって来るかどうかなんて、まったくわかりませんでしたよ。あの時もし誰かに8Aを1000課題登れると思うかと尋ねられても、笑って、とんでもない!と答えたに違いないですよ」

ポールは本当に自分が8A以上の課題を1000本登った初めてのボルダラーかどうか、完全には確信が持てないようだ。しかし、そうである可能性は大であろう。

ところで、なぜ8A以上なのか? ポールは5台、6台は初心者の登るグレードで、7A+~7C+が中級者、そして8A (V11、三段+)以上がトップクライマーの対象となるものと認識しているとのことである。

>>グレード比較表


ジンバブエ・チマニマチのElaborate Ruse(8A/V11)を登るポール・ロビンソン

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ