トップページ  >  ニュース一覧  >  2019年ピオレドールが発表。今春、亡くなったダーフィット・ラマらの登攀へ

2019年ピオレドールが発表。今春、亡くなったダーフィット・ラマらの登攀へ

2019年8月7日

今年のピオレドールは昨年同様、ポーランドのランデク=ズドルイで9月19~22日に開催される。8月、その式典に先行して、受賞が決まった3チームが発表された。

3隊のうち2つが単独による登攀。その当事者である、ダーフィット・ラマ(ルナーク・リ単独初登攀)とハンスイェルク・アウアー(ルプガール・サール西峰西壁、初登攀)はともに今春カナディアンロッキーの雪崩遭難で亡くなっており、本人不在の授賞式となる。祝福の場は、偉大なクライマーの功績を偲ぶ場になるだろう。

3つめは、“カラコルム最後の課題”ラトックⅠ峰を北稜経由で登頂したイギリス=スロベニア隊に贈られる。北稜は、1978年のアメリカ隊を皮切りに、40年来、世界の名だたるクライマーらをはねつけてきた。今回はその完遂ではないが、山としても39年ぶりの第2登という快挙。ただし、ラトック隊の一人、トム・リヴィングストン(英)は自身のSNSで授賞式欠席を表明。「アルパインクライミングは個人的な活動であり、そこには勝者も敗者もない」。アルピニズムと格付けの関係は、つねに悩ましい問題が横たわる。

ネパール/ルナーク・リ(6907m)単独初登攀

ダーフィット・ラマ(オーストリア、28)

ネパール=チベット国境にある未踏峰。15年、16年はアメリカ人登山家コンラッド・アンカーとトライしたが、今回は最初からソロで挑戦し成功を収めた。*『ROCK&SNOW』083・084号に関連記事


2の赤線が、ラマが初登攀したライン  ©David Lama/American Alpine Journal

パキスタン/ルプガール・サール西峰(7157m)西壁

ハンスイェルク・アウアー(オーストリア、35)

カラコルムの一端をなすヒスパー・ムスターグ山群の秘峰。情報わずかな未知性の高いルートにワンデイで挑んだ。*『ROCK&SNOW』084号に関連記事


Bがルプガール・サール西峰で、赤線が登攀ライン  ©Hansjörg Auer/American Alpine Journal

パキスタン/ラトックⅠ峰(7145m)北稜~南面】

トム・リヴィングストン(イギリス)、ルカ・ストラジャール(スロベニア)、アレシュ・チェセン(スロベニア)

ラトックⅠ峰北稜の異名は「カラコラムのグランドジョラス」。今回は北稜の3分の2あたりから北西壁へトラバースし、Ⅱ峰との稜線から南面側へ回り込み頂に立った。*『ROCK&SNOW』081号に関連記事


2の赤線が、今回の登攀ライン ©Sergey Glazunov/American Alpine Journal

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ