トップページ  >  ニュース一覧  >  ドイツのピルミン・バルトル、南米3本目となる5.14dルートを開拓・初登

ドイツのピルミン・バルトル、南米3本目となる5.14dルートを開拓・初登

2017年6月21日

ドイツのピルミン・バルトルが、チリ、ソカイレの岩場(標高3600m)で南米3本目の5.14dルートとなるRuta de Cobreを開拓・初登した。

ルートはチリ北部にあるサン・ペドロ・デ・アタカマ郊外のQuebrada de Nacienmentoの岩場にあり、標高は3000mを越えるため、薄い空気や気温に苦しめられている。

ルート自体は全長18mの薄かぶりの壁で、核心部は浅いポケットが続いている。完登は6月4日、トータルでは19トライかかっている。

ピルミンは2013年にスイス・リンデンマールでMinimalomania(8C+/9A、トラバースグレード)を、2015年にはスイス・フリブールでDrop a Line(8C+,こちらはボルダーグレードつまり世界最難)を、 2015年にスイス・ガルミウでMeiose(9b)を初登しているが、いずれもグレードは確認されていない。

南米最初の 5.14d ルートは、ピルミンが昨年の6月にチリ南部で開拓・初登した Azul es el Cielo de Los Ciegos で、2本目が先日、アレックス・メゴスが初登した Pasito a Pasito(5.14d) になる。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ