トップページ  >  ニュース一覧  >  レナ・マリー・ミュラー 、Prinzip Hoffnung 8b/+を完登

レナ・マリー・ミュラー 、Prinzip Hoffnung 8b/+を完登

2020年7月12日

ドイツ人のレナ・マリー・ミュラーが石灰岩のトラッドルート、 Prinzip Hoffnung(プリンツィープ・ホフヌング)8b/+ E9/E10を再登した。

>>グレード比較表

2009年ビート・カマーランダー初登のこのボールドなルート、プロテクションはシンクラックにマイクロナッツ、スタートから10mはノープロ。2010年アレックス・ルガーが第2登、2014年、ヤーコポ・ラルケルが第3登、バルバラ・ツァンガールが第4登。

オーストリア・ブルーデンツの近郊、Bürs(ビュルス)の街に隣接した美しい石灰岩のスラブにこのルートはある。傾斜が緩いこととシンクラックのためか、女性の再登者が多く、今回のミュラーが女性第4登となる。 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Lena Marie Müller(@lenamarie.mllr)がシェアした投稿

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ