トップページ  >  ニュース一覧  >  平出和也と中島健郎が、カラコルムの名峰ラカポシ(7788m)を南面新ルートから登頂

平出和也と中島健郎が、カラコルムの名峰ラカポシ(7788m)を南面新ルートから登頂

2019年7月11日

写真・情報提供=RAKAPOSHI EXPEDITION 2019

2019年7月2日現地時間正午、平出和也と中島健郎が、パキスタン・ラカポシ(7788m)南面の新ルートから登頂を果たした。

行動概要は次のとおり。6月16日、ラカポシ南面のダニョール谷BC(3660m)入り。高所順応は4500m、5900mで各1泊のみ。BCで1週間天候待ちした後、頂上アタックへ。6月27日C1(5200m)、28日C2(6200m)、29日C3(6800m)、30日と7月1日はC3で天候待ちとなったが、2日に頂上を往復、3日にBCに戻った。

今年6月のパキスタン北部の天候は、例年より悪かったようだ。登攀中、降雪に見舞われたが、「6800m(C3)で3泊して粘った甲斐がありました」。ラカポシ南面のダニョール谷から入った登山隊は初めてとあって、登攀後は地元住民から温かい歓迎を受けた。

なお、平出・中島ペアは当初、ヒンズークシュのティリチミール(7708m)を計画していたが、許可が下りなかったため、ラカポシに転進。「フンザの街からあれほど目につく美しい山なのに、南面はまだ手つかずだったので、代替案として考えていました。南面はセラックや雪が多く(実際、今回の行動中も雪崩やセラック崩壊があった)、昔は登れる対象とは見られていなかったと思います。たしかにフィックスを張るには向かなそうですが、アルパインスタイルだとリスクを十分コントロールできました」(すべて中島談)

*ラカポシ…パキスタン北部、ギルギット地方の高峰。1958年に南西稜から初登されて以降、北西稜・北稜などから約7登を数えるのみ。南面からは今回が初。
*平出・中島ペア…2017年、同山域のシスパーレ(7611m)北東壁を初登攀し、2018年のピオレドールを受賞している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ