トップページ  >  ニュース一覧  >  ブラジルの怪峰ペドラ・バイアーナに
800m18ピッチのRunnel Vision(8a/A0)を開拓

ブラジルの怪峰ペドラ・バイアーナに
800m18ピッチのRunnel Vision(8a/A0)を開拓

2020年5月26日

文=北山 真 資料=UKclimbing.com 、羽鎌田学

イギリスのショーン・ハトソン、マイク・ターナー、ジェームス・テーラー、サイモン・ナディン(あのワールドカップの初代チャンピオンである)の4人チームが、ブラジル最大岩峰のうちのひとつ、リオデジャネイロ州の北に広がるミーナス・ジェライス州の東部にある岩峰、ペドラ・バイアーナに新ルートを拓いた。2018年の試登を経て、2020年4月に完登した。


右の顕著な岩峰が800mのスケールを持つペドラ・バイアーナ Simon Nadin

当初右上するランペ状にラインは設定されたが行きづまり、途中から直上するランネル(溝)に変更された。テーラーがこのなかでも特に厳しいピッチ(8a/5.13b)をステミングで解決しトップアウトしたが、ランネル手前のスラブにワンポイントのA0が残ってしまった。


ルートの核心、8a/5.13bの”ランネルピッチ”を登るジェームス・テーラー  Alun Richardson

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ