トップページ  >  ニュース一覧  >  中嶋徹、称名滝350mをフリーソロ

中嶋徹、称名滝350mをフリーソロ

2019年8月9日

写真=TheNorth Face事業部 提供

2019年8月8日、中嶋徹が称名滝をフリーソロした。

8:07開始、9:45終了。登攀後、そのままブッシュ帯、泥付き壁を登り、登山道を歩いて下山(11:42)。

称名滝のフリーのグレードははっきりとは発表されていないが5.11程度とされている。しかしその困難さはグレードでは決して表せない。濡れた岩、苔、飛沫、シャワー。なによりも、常にすぐ横を落下している膨大な水流と、その轟音が精神的負荷となる。

「クライミングの核心は四段目※の2-3ピッチ目だが、今回は水量の影響で三段目の3ピッチ目の水線沿いがとても苦しかった。二段目、三段目は全体に岩が脆く、緊張した。

昨年、称名滝を登った際に、フリーソロでも登れると感じたため、リハーサルでもう一度登った後にフリーソロでトライした。これまで培ってきた経験を最大限活かした最高のクライミングを行うことができとても満足しています」

※称名滝は下から上に四段目、三段目と数える


四段目を登る中嶋徹


称名滝全景、テラスに立つ中嶋が見える 佐伯岩雄 提供


最後のオブザベーションをする中嶋

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ