トップページ  >  ニュース一覧  >  杉野保、城ヶ崎で事故死

杉野保、城ヶ崎で事故死

2020年3月6日

最終更新日時:2020年3月7日 15:28

日本を代表するクライマーのひとりであり、クライミングインストラクターの杉野保が伊豆・城ヶ崎「おとじろう」の岩場で事故死した。ルートの無い海側を見に行った際に、強風か波しぶきに煽られ落ちたと推定される。 (当初、ロープレスで登攀中、墜落したと報じられていたが、その後の情報によるとクライミング中の事故ではなかった模様だ。)

事故が発生したのは3月5日午後3時20分ごろ。当時伊東市には強風注意報が出ており、風にあおられた可能性もあるとみて、下田海上保安部が状況を調べている。

杉野はフリークライミング、特にクラッククライミングの第一人者であり、小川山、瑞牆山、城ヶ崎で多くのルートを初登している。2009年には、長期にわたり世界最難ルートであったグランドイリュージョン(5.13c)を2トライで完登した。

文章にも定評があり、ROCK & SNOW誌に連載していたOld But Goldには根強いファンが多い。


エル・キャピタンのフリーライダーを登る杉野


『ROCK&SNOW』019号「OLD BUT GOLD/スカラップ」より

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ