トップページ  >  ニュース一覧  >  ネパール・テンギラギタウ西壁、初登攀

ネパール・テンギラギタウ西壁、初登攀

2019年11月1日

ネパール・ロルワーリン地方の高峰テンギラギタウ(Tengi Ragi Tau 6938m)西壁に、アメリカ人ペアがアルパインスタイルで新ルートを拓いた(WI5 M5+)。テンギラギタウは2001年に解禁されたピークで、翌2002年12月、北海道隊が初登頂(南東稜)した山。アメリカのクライマーで山岳ガイドのアラン・ルソーとティノ・ヴィラヌエヴァの二人は、標高差1600mの西壁を4回のビバークをへて10月16日の早朝、山頂へ抜けた。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Tino Villanueva(@tinovillanueva)がシェアした投稿

二人は2012年、山塊北のサブピーク(Langmoche Ri 6611m)を初登し、北稜から本峰への縦走を試みたが敗退、2014年から西壁に的を絞っていた。岩と氷で構成される切り立った西壁には花谷泰広氏(2014年)や高柳傑氏(2017年)らのパーティもトライしていた。今年も同時期にフランス隊とスペイン隊が入ったが、スペイン隊は3度目の挑戦となるアメリカペアに挑戦を譲り、別ルートへ転進している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ