トップページ  >  ニュース一覧  >  ボルダリングワールドカップ「ナビ・ムンバイ大会」、日本人は男女とも3名がファイナル進出

ボルダリングワールドカップ「ナビ・ムンバイ大会」、日本人は男女とも3名がファイナル進出

2017年6月26日

文=北山 真

ボルダリングワールドカップ2017第6戦が6月24日、25日、インドのナビ・ムンバイで開催された。

男子は日本人10名が出場、7名が予選を通過した。予選では藤井快の全5課題オンサイトが光った。
セミファイナルは難しめの設定となり、20名中2完登が7名のみ。そのなかで緒方良行が残念ながら1アテンプト差で7位となり、ファイナル進出はならなかった。

ファイナルでは前回ベイル大会同様、韓国のチョン・ジョンウォンが全4完登で優勝をさらった。ラウンドを重ねるほどに調子が上がっていくチョンは、まさに天性のコンペティターといった感がある。

杉本怜が3完登で2位、日本チームとしては嬉しい杉本の完全復帰となった。ロシアのアレクセイ・ルブツォフがやはり3完登で3位。

女子はヤーニャ・ガーンブレッツがリードシーズンにそなえ欠場。

”ショウナ・コクシーVS野口啓代+野中生萌”という展開が予想されたが、さらに尾上彩が加わることとなった。尾上はセミファイナルをなんと野口を上回る4位で通過、ファイナルでは力を発揮することができなかったが、今後の日本チームとって明るい材料といえよう。

ファイナルはショウナと野中の息詰まる戦いとなった。3課題終了時点でアテンプトも含め同成績。決着は第4課題までもつれこんだ。最後はショウナのスタミナ勝ちということであろうか、執念の4アテンプトでこの最終課題を手中にし優勝。同時に最終戦を待たず年間チャンピオンに輝いた。

ファイナルだけを見た感想だが、ホールドのカラーを統一するのはシックで良いのだが、今回のようにあまり同じカラーのボリューム(特に細かい形状が分かりにくい黒)を多用するのはいかがなものだろうか。

見慣れている方にとってはムーブは課題によってまったく違うことが分かるのだが、初めて見る方などは、”なんかみんな似たような課題”と誤解してしまうのではないだろうか?

男子
1 チョン・ジョンウォン KOR
2 杉本 怜
3 アレクセイ・ルブツォフ RUS
4 藤井 快
5 ヤコブ・シューベルト AUT
6 楢崎智亜
女子
1 ショウナ・コクシー GBR
2 野中生萌
3 野口啓代
4 ペトラ・クリンガー SUI
5 カジャ・カディック SLO
6     尾上 彩

写真
ナビ・ムンバイ会場全景、予選の様子=藤枝隆介
女子表彰、男子表彰、決勝の杉本怜 Eddie Fowke/thecircuitclimbing.com

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ