トップページ  >  ニュース一覧  >  BWC第5戦in八王子、野口啓代、ガブリエル・モロニが優勝

BWC第5戦in八王子、野口啓代、ガブリエル・モロニが優勝

2018年6月3日

文=北山 真、写真=山本浩明

6月2日、3日、東京・八王子のエスフォルタアリーナでボルダリングワールドカップ2018第5戦が開催された。日本からは開催国枠(通常の3倍)を利用して、男子21名、女子17名が参加したが、予選を通過したのは男子7名、女子4名だった。

セミファイナルは男女ともバランスを要求される課題が多く、藤井快、楢崎明智、加島智子などの有力選手がここで脱落した。男子は3課題完登が6名というすっきりした結果。原田海が昨年のチョンキン大会以来のファイナル進出をはたした。

女子は野口啓代が、それまで完登者がひとりもいなかった第2課題を含む全4課題を一撃。異次元の強さで圧勝した。伊藤ふたばが、2課題完登者の中で最もアテンプト数がすくなく、2位という好成績で決勝初出場。

決勝の野口啓代

男女とも日本人が6名中半数をしめたファイナルは女子から行われた。課題はコーディネーション、オポジション、マントリングを多様する一筋縄ではいかないものばかり。結果の数字だけを見ると野口(3t3z55)、野中(3t3z66)の接戦のように見えるが、実際は野口の安定度がはるかに上回っていた。ゾーンにこそ達しなかったが、誰ひとりできなかった第3課題の変則スタートに成功するなど終始他選手を圧倒していた。

決勝の野中生萌

男子ファイナルは、細かいフットホールドでの足使いがポイントの第1課題をガブリエル・モロニ(30)のみが完登。外岩での経験値の違いを見せつけた。2課題目のかぶったチムニーはチョン・ジョンウォンのみが完登。ラインどりが難しい第3課題を、抜群の読みで杉本怜のみが完登。息詰まる戦いは最終課題に持ち込まれた。

決勝第3課題を唯一完登した杉本怜

2個の巨大アイスクリームコーンに取り付けられた極薄のホールドをたどる課題。まず杉本がゾーンをゲット。そして楢崎がとんでもないパフォーマンスを見せる。ただでさえ遠い出だしのランジホールドの一つを飛ばし、ゾーンホールドを直接保持、そのまま完登してしまう。最後にモロニが登場。もしボーナスを取れなければ、楢崎の逆転優勝となる。しかしモロニはきっちり完登し、自らの初優勝で大会を締めくくった。

決勝第4課題の楢崎智亜

決勝第4課題を完登し、初優勝を果たしたガブリエル・モロニ

リザルト

女子

1 野口啓代
2 野中生萌
3 エカテリーナ・キプリヤーノヴァ(RUS)
4 スターシャ・ゲヨ(SRB)
5 アルマ・ベストファーター(GER)
6 伊藤ふたば
――
15 加島智子

男子

1 ガブリエル・モロニ(ITA)
2 楢崎智亜
3 杉本 怜
4 チョン・ジョンウォン(KOR)
5 アレクセイ・ルブツォフ(RUS)
6 原田 海
――
10 楢崎明智
11 高田知尭
13 藤脇祐二
16 藤井 快

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ