トップページ  >  ニュース一覧  >  世界選手権ボルダリング、楢﨑智亜圧勝、野口啓代2位

世界選手権ボルダリング、楢﨑智亜圧勝、野口啓代2位

2019年8月14日


圧勝した楢﨑智亜(写真中央)

文=北山 真 写真=山本浩明

8月11日~21日の日程で、八王子エスフォルタアリーナで開催されているクライミング世界選手権の、ボルダリング競技がまず終了した。

11日は女子予選。野口啓代とヤーニャ・ガーンブレットが1位通過。ガーンブレットは5課題すべて一撃。日本人女子は6名中4名が予選通過。

12日は男子予選。緒方良行とアダム・オンドラが1位通過。日本人男子は7名全員が予選通過した。

13日は女子セミファイナルから始まった。非常に厳しい内容で、かろうじてガーンブレットが3完登、野口が2完登したものの、なんと20名中16名がゼロ完登。野中生萌とショウナ・コクシーは3ゾーンで決勝に進んだ。残念だったのが伊藤ふたば。野口もガーブレットも核心を超えることができなかったスラブ課題を、2回も最終ホールドに達しながら完登できなかったのである。

男子セミファイナルもやはり厳しい印象だったが、中盤あたりから完登が時々見られるようになった。終盤でそれまで誰も登れていいなかった第1課題を、藤井快、アダム・オンドラが相次いで完登し、この二人の対決かと思われたが、やはりオンドラの方が役者が上でただ一人の3完登。4課題目は途中でやめるという余裕の1位通過であった。惜しかったのが緒方で、3つの課題で最終ホールドをつかみ切れず、結果ゼロ完登になってしまった。

女子ファイナルはそれぞれの選手が良いところを見せた。野口はノーマルな課題を着実に少ないトライで登り、野中は珍しくバランス系の課題で実力を見せた(しかもガーンブレットも野口も登れず)、カズベコバは得意のスラブで魅せた、コクシーは復活したといえよう。


ファイナル第1課題の野口

しかし何といっても圧巻だったのは第2課題のコーディネーション(3段横っ飛び)であろう。他の選手がかすりもしない中、ガーンブレットは5回目にこの神業をやってのけた。まさに”次元が違う”パフォーマンスであった。倉菜々子はこの大舞台に立ったというだけで、大きな収穫であったと言えよう。


ガーンブレットが第2課題で見せた神業

男子ファイナル。これほど印象に残るラウンドも滅多にない。楢﨑の圧巻のパフォーマンス(楢﨑2完登意外は全員ゼロ完登)のすごさはもちろんだが、それにも増してというのも変だが、オンドラの突然の不調にはびっくりした。どんな天才にも弱点はある。ファイナル1課題目がオンドラにとってのそれだったのであろうか。オンドラの実力にしてみればなんでもないスタートのデッドが止まらない。その後はまったく見る影もない状況、結果ゼロ完登、ノーゾーンに終わったのである。


ファイナル第3課題の楢﨑


女子表彰台(左から野口啓代、ヤーニャ・ガーンブレット、ショウナ・コクシー)

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット SLO
2 野口啓代
3 ショウナ・コクシー GBR
4 イェヴゲニヤ・カズベコバ UKR
5 野中生萌
6 倉菜々子
ーー
7 伊藤ふたば

男子

1 楢﨑智亜
2 ヤコブ・シューベルト AUT
3 ヤニック・フロへー GER
4 藤井 快
5 土肥圭太
6 アダム・オンドラ CZE
ーー
7 杉本 怜
9 原田 海
13 楢﨑明智
14 緒方良行

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ