トップページ  >  ニュース一覧  >  ジュニアリード決勝 男子緒方が優勝、楢﨑が2位、女子田嶋も2位に:世界ユース選手権

ジュニアリード決勝 男子緒方が優勝、楢﨑が2位、女子田嶋も2位に:世界ユース選手権

2017年9月9日

写真=公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、Eddie Fowke/IFSC

オーストリア・インスブルックで開催されている世界ユース選手権、リード種目のジュニア、ユースA決勝が行なわれた。

女子ユースAは白石阿島が優勝、世界ユース選手権でリード・ボルダリングともに三連覇を果たした。日本代表は小島果琳が10位、中村真緒が33位となった。


白石阿島

男子ユースAは田中修太が優勝。田嶋瑞貴、土肥圭太が9位、中島大智が23位となった。

男子ジュニアは予選、準決勝ともに1位で通過した緒方良行が決勝でもトップ目前まで迫り、見事優勝を果たした。緒方はボルダリングに続いての2冠となった。楢崎明智が2位。男子ジュニアはリード、ボルダリングともに緒方、楢崎の強さが際立った。中上太斗が4位、原田海は13位となった。


緒方良行

女子ジュニアは田嶋あいかが2位、高田こころが9位。決勝は高度40付近に多くの選手がひしめく接戦となった。

リード決勝(ジュニア)リザルト

男子ジュニア(生年月日、所属)

1位:緒方 良行(1998年2月4日、福岡県連盟)
2位:楢﨑 明智(1999年5月13日、栃木県連盟)
3位:Kai Lightner(アメリカ)
4位:中上 太斗(1999年7月31日、福岡県連盟)
――――――――――――――――――――
13位:原田 海(1999年3月10日、神奈川県連盟)※準決勝進出

女子ジュニア(生年月日、所属)

1位:Claire BUHRFEIND(アメリカ)
2位:田嶋 あいか(1998年9月13日、三重県連盟)
3位:Heloïse DOUMONT(ベルギー) 
――――――――――――――――――――
9位:高田 こころ(1999年5月14日、鳥取県協会)※準決勝進出

9/8(金)リード決勝(ユースA)結果

男子ユースA(生年月日、所属)

1位:田中 修太/Shuta Tanaka(2000年5月23日、新潟県協会)
2位:Nathan Martin(フランス)
3位:Mikel Asier Linacisoro Molina(スペイン)
―――――――――――――――――――――
9位:田嶋 瑞貴/Mizuki Tajima(2000年6月8日、三重県連盟)※準決勝進出
9位:土肥 圭太/Keita Dohi(2000年10月17日、神奈川県連盟)※準決勝進出
23位:中島 大智/Daichi Nakashima(2000年9月27日、岩手県協会)※準決勝進出

女子ユースA(生年月日、所属)

1位:Ashima Shiraishi/白石阿島(アメリカ)
2位:Brooke Raboutou(アメリカ)
3位:Nolwenn Arc(フランス)
―――――――――――――――――――――
10位:小島 果琳/Karin Kojima(2001年10月11日、岐阜県連盟)※準決勝進出
33位:中村 真緒/Mao Nakamura(2000年3月2日、東京都連盟)※予選敗退

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ