トップページ  >  ニュース一覧  >  谷井菜月が全ルート完登で優勝 日本ユース選手権リード競技印西大会2018

谷井菜月が全ルート完登で優勝 日本ユース選手権リード競技印西大会2018

2018年3月27日

26日、日本ユース選手権リード印西大会2018決勝が千葉県印西市・松山下公園総合体育館で開催された。予選も含めて3日間に渡って開催され、男女合わせて約260名の選手が参加した。※先月日本選手権を制したユースB森秋彩は体調不良により欠場。

今大会、圧巻の登りをみせたのが予選2ルートを完登し、決勝も唯一の完登を果たしたユースBの谷井菜月だ。女子のルートは高度19付近で多くの選手が苦戦するなか、谷井は順調に高度を上げていき、みごとトップホールドをその手におさめた。

試合後のコメントでは「予選よりも難しかったです。予選も完登していたので、決勝も完登したいと思っていました。絶対にトップをとるぞ、という気持ちで頑張りました。次は世界ユースで優勝したいと思います。」と世界ユースに向けての意気込みを語った。


決勝で唯一の完登を果たした谷井菜月

ユースB男子は抜井亮瑛が2位の前田、3位の村下を僅差で上回り、昨年に続いての2連覇を達成した。


ユースB 抜井亮瑛

ユースA女子は予選を1位通過した伊藤ふたばが27+の高度を記録し、優勝。ボルダリングで多くの実績を誇る伊藤だが、リードでもその実力をみせつけた。

男子は伊藤寛太郎が2位の伊藤一真を僅差で上回り、ユース選手権初の優勝を手にした。

今大会はユースAのカテゴリとなった伊藤ふたば

ジュニア男子は怪我からの復帰戦となった楢崎明智が優勝。土肥、今泉が高度28+で苦戦を強いられるなか、最後に登場した楢崎が気迫の登りで32+まで到達、会場を沸かせた。

試合後のコメントでは「素直にほっとしました。最後のユースだったので、良い登りをしたいと思っていました。ユースの代表に選ばれたら、アジアユースで優勝、ワールドユースもすべて1位を取りにいきたい。」と次の目標を語った。

決勝の楢崎明智

ジュニア女子は予選を1位通過した高田こころが初の優勝を飾った。

決勝の高田こころ

午前中に行なわれたユースCでは、小俣史温、小池はなが優勝を果たした。

リザルト

男子ジュニア

1 楢崎 明智 / 32+
2 土肥 圭太 / 28+ 
3 今泉 結太 / 28+ 

女子ジュニア

1 高田 こころ / 26+
2 森脇 ほの佳 / 21+
3 戸田 萌希 / 19+

男子ユースA

1 伊藤 寛太朗 / 23+
2 伊勢 一真 / 22+
3 西田 秀聖 / 21.5+

女子ユースA

1 伊藤 ふたば / 27+
2 小島 果琳 / 24
3 栗田 湖有 / 19+

男子ユースB

1 抜井 亮瑛 / 23+
2 前田 健太郎 / 22+
3 村下 善乙 / 21+

女子ユースB

1 谷井 菜月 / TOP
2 美谷島 ももか / 27+
3 工藤 花 / 21+

男子ユースC

1 小俣 史温 / 39
2 谷井 和季 / 39 
3 日高 清志郎 / 29+

女子ユースC

1 小池 はな / 26
2 森 奈央 / 19
3 小倉 紗奈 / 19

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ