トップページ  >  ニュース一覧  >  ユース世界選手権リード、日本人大活躍

ユース世界選手権リード、日本人大活躍

2019年8月26日

文=北山 真 写真=IFSC/ Sytse Van Slooten

8月22日~31日の日程で、イタリア・アルコで行われているクライミング ユース世界選手権、まずリード競技が行われた。

日本人は多くのカテゴリーで活躍、男子ユースBでは表彰台を独占、男子ジュニアはワンツー。男子ユースAでは西田秀聖が見事優勝。

女子ユースBではレ・ユニオン島の天才少女、V14、5.14を登るオリアン・ベルトーヌが優勝。ファイナルで小池はながベルトーネの半手差にせまるという大健闘を見せた。オリンピック代表内定のブルック・ラブトウ、5.14cを登るラウラ・ロゴラ、昨年の世界ユース2位のノルウェン・アークと役者がそろった女子ジュニア、やはりこの3名が上位となった。女子ユースAでは平野夏海が2位に入賞した。


男子ユースB表彰台


男子ジュニア表彰台


男子ジュニアで優勝した田中周太


男子ユースAで優勝した西田秀聖


女子ユースA準優勝の小池はな


女子ユースA準優勝の平野夏海

男子ジュニア(およそ※18~19歳)

※正確には2000、2001年生まれ。以下同様。
1 田中修太
2 天笠颯太
3 アリステール・デュヴァル(FRA)
ーー
5 小西桂

男子ユースA(およそ16~17歳)

1 西田秀聖
2 コリン・ダフィー(USA)
3 アルベルト・ヒネス・ロペス(ESP)
ーー
4 百合草碧皇 
12 川又玲瑛
23 竹田 創

男子ユースB(およそ14~15歳)

1 関口準太
2 上村悠樹
3 吉田智音

女子ジュニア

1 ラウラ・ロゴラ(ITA)
2 ノルウェン・アルク(FRA)
3 ブルック・ラブトゥ(USA)
ーー
7 樋口結花
19 中村真緒
25 黒岡水夢

女子ユースA

1 ニカ・ポタポヴァ(UKR)
2 平野夏海
3 リュッス・ドゥアディ(FRA)
ーー
19 菊池咲希
25 工藤 花

女子ユースB

1 オリアン・ベルトーヌ(FRA)
2 小池はな
3 アレクサンドラ・トットゥコヴァ(BUL)
ーー
5 中川 瑠
16 小倉沙奈

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ