トップページ  > これからはじめる方へ  >  クライミング(ボルダリング)の基本姿勢とムーブ

クライミング(ボルダリング)の基本姿勢とムーブ


課題のグレードが上がってくると、ただホールドをつかむだけでは登るのが難しくなってきます。落ちないようにしがみついているだけで、腕がパンパンに張って握力がなくなってしまい(これを「パンプする」といいます)、やがて絶えきれず落下してしまうことも。
 
ここでは、なるべく疲れない姿勢を教わり、効率のいい登り方を考えてみましょう。

基本姿勢

 


  •  
    体が壁から離れ、腕が曲がった状態でいると腕の負担が大きく、すぐにパンプしてしまう。


  •  
    脚を深く曲げ、腕を伸ばした状態だと力をセーブでき、長い間ぶら下がれる。この状態でムーブを考え、腕を曲げる時間をなるべく短くするようにして、サッと次のホールドをつかむといい。

 

 

MEMO チョークは何のために使うの?

aboutgym_0416_1aboutgym_0416_2
手に汗をかくと、ホールドをつかんだときに滑りやすくなります(「ヌメる」という)。そこで、汗を吸い取り、滑りづらくするために使うのがチョーク。また、チョークには皮膚を保護する役目もあります。炭酸マグネシウムという、体に無害の物質で、固形、チャンク(固形チョークを砕いたもの)、粉、液体など、さまざまな形状があります。初心者は手になじませるのが簡単な粉がおすすめ。ジムでは粉が飛び散らないように、写真のようなボールに入った粉チョークを使いましょう。

 

【PR】ボルダリングをはじめるなら、まずはこの一冊!

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ