トップページ  > クライミングシューズインプレッション  >  【テナヤ】 OASI / オアシ

【テナヤ】 OASI / オアシ


アレックス・メゴスやラモン・ジュリアンなど、21世紀のクライミングシーンをリードするクライマーが愛用するクライミングシューズメーカー「テナヤ」の最新モデル。その大きな特徴は「履き心地のよさ」。アッパーにマイクロファイバー、タンにライクラが使用され、軽量でソフトな履き心地だ。ターンイン、ダウントウともに緩やかで攻撃的でありながら、長時間履いていても痛みが出にくいデザインになっている。

ターンインが緩やかでエッジングはインサイド、アウトサイドの切り替えが楽。土踏まずからつま先にかけてのダウントウが緩やかで、緩傾斜でも立ち込みやすい。
フラットなソールはスメアリングで抜群の使いやすさを発揮する。近年、流行しているハリボテにベタッと足を置いたとき、オアシは安定感がある。
ソフトなアッパーと比較的フラットな構造、最小限に抑えられたベルクロが起因し、トウフックがしやすい。また、フックが掛かるポイントを探る必要もあまりない。
ジムでは長時間シューズを履きっぱなしになってしまうことが多いが、痛みが出にくい素直なデザイン。クライミングシューズに慣れていない人にも、おすすめできる一足だ。

急なターンインやダウントウで足の動きが固定されず、思惑通りに動かしやすい。前傾壁向けに作られてはいるが、さまざまなクライミングに対応できるオールラウンドタイプといえる。また、ベルクロを含め、簡素で最低限に抑えられたアッパーのデザインが好印象! ホールドに甲や側面を絡めて登る際、邪魔するものがなくて使いやすい。履き心地は評判通りのよさで長時間履き続けても痛みが出にくく、トレーニングで何本も登り続けるようなときに最適だ。

*問合せ先
Carpediem(カルペディエム) TEL049-293-3668

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ