トップページ  >  ニュース一覧  >  国内初! IFSC公認規格のスピードクライミング施設、今秋10月完成予定

国内初! IFSC公認規格のスピードクライミング施設、今秋10月完成予定

2016年9月5日

今秋10月末に日本で初めて、IFSC(国際スポーツクライミング連盟)の規格(幅3m x 高さ15m)に合致したスピードクライミング施設の完成が予定されている。場所は旭金属工業、岐阜県安八工場内。

当施設はウォールパネル、ホールド、および計測システムもIFSC公認メーカーの製品が採用される。施工は東商アソシエート。

2020年東京オリンピックにおいて、スピードクライミングはスポーツクライミング競技3種目中の1種目となっている。

2016_news_speedwall
 
イメージ画像


olympic_news_door1 olympic_comp_door1 olympic_sport_door1-2 olympic_event_door1-2

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ