トップページ  >  ニュース一覧  >  米子不動でのアイスクライミング”味とも”右の氷瀑を登攀

米子不動でのアイスクライミング”味とも”右の氷瀑を登攀

2017年4月3日

 

文=賀門尚士 写真=宮田八郎

2月16日に米子不動”味とも”の右にある氷瀑を登りました。1月に核心手前まで行きましたが、プロテクションの問題と時間切れにより敗退し、2回目でRPになりました。

2P目まではⅥ級までの氷と比較的容易なミックス壁を70mほど登り、核心である3P目へ。3P目はM5ほどの垂直からうす被りのトラバース7m。さらに空中に浮いたプロテクションのとれないスカスカ氷に乗り移り7m直上。上から被さってくる厚さ10cmほどのカーテン状氷にハング越えムーブで乗り移り、うす被り10mを登ると傾斜が緩み終了。

3P目ではビレー点の脇にカム、4m弱のところにある草付きにショックアブソーバーを付けたノミックを打ち込みプロテクションとしています。

今回、氷の状態とパートナーに恵まれ、珍しい形状の氷を登ることができ良い経験となりました。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ