トップページ  >  ニュース一覧  >  IFSC公式大会でも採用「αGELボルダリングマット」発売中!

IFSC公式大会でも採用「αGELボルダリングマット」発売中!

2018年12月17日

株式会社タイカよりボルダリングジム、クライミングジム向けに「αGELボルダリングマット」の発売されている。

αGELは株式会社タイカが独自に開発した、非常に柔らかいゲル状素材。ビルの6階に相当する地上18mから落とした生卵をわずか2cm厚のシートで割らずに受け止めることができ、以前からアシックスのランニングシューズなどでも採用されている。

今回開発されたαGELボルダリングマットは特殊3層構造で、1層目のαGELがマット表面に作用する大きな衝撃力をすばやく吸収し、2層目の衝撃力分散層が衝撃力を広範囲に分散する。マット表面のαGELが衝撃力を吸収することで、一般的なウレタンマットと比べ、クライマーのからだにかかる負担が約41%も低減される。

またαGELを導入した特殊3層構造により衝撃力を広範囲に分散することで、3層目の軟質ウレタンフォームへの負荷も軽減。タイカ独自の試験では、マットのへたりが約43%改善されることが確認されており、マットの長期使用とランニングコスト削減も期待できる。

販売・施工をおこなうのは、クライミングウォール国内シェア70%以上の実績を持つ東商アソシエート株式会社。

「αGELボルダリングマット」はIFSCクライミング・ワールドカップ八王子2017, 2018などで採用されたほか、Dog Wood Climbing Gymなどいくつかのジムでもすでに導入されている。


Dog Wood調布店に導入されている「αGELボルダリングマット」

「αGELボルダリングマット」に関するTELでの問い合わせ:03-6367-6623

詳細URL:http://taica.co.jp/gel/bouldering_mat/

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ