トップページ  >  ニュース一覧  >  安間佐千、二子山西岳で2本の5.14cを初登

安間佐千、二子山西岳で2本の5.14cを初登

2020年9月8日

安間佐千が二子山西岳で2本の5.14c/8c+を初登した。

阿 5.14c/8c+

9月4日初登。このルートは白壁フェースの左側の、墨壁と呼び始めた硯のような形状の岩壁の左カンテを登る。墨壁は西岳の大岩壁の中腹に位置するが、取り付きまで歩いてアプローチできる。全長約25メートルほどで、ルートの8割は垂壁で、5.13aくらいか。そこからハングしたカンテに出て、3段はあるであろう9手の核心に入る。そしてテラスに立ち上がったところに終了点がある。雲の立ち込めた雨降りの日に登れたこともあり、グレードは暫定的なものとして考えてくれた嬉しい。乾杯やMareとは全く違うボルダーチックな一本、是非トライして欲しい!

 

爛熟 5.14c/8c+

9月6日初登。ローソク岩北面のど真ん中を突く。先日登った阿とは打って変わって、これでもかと言うくらいにテクニカルな動きが連続する。グレードは難しめの8c+/5.14cという印象だ。1990年代に登られた早熟というルートに最上部でリンクし、さらに熟練の技を求められるので、この名前にしたいと思う。

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ