トップページ  >  ニュース一覧  >  安間佐千、二子山西岳で“Mare”5.14cを初登 

安間佐千、二子山西岳で“Mare”5.14cを初登 

2019年1月9日

1月3日、安間佐千が二子山西岳白壁フェイスの新たなプロジェクトを初登した。全長約25m、ボルトは終了点を入れて9本。

「昨年10月に昇(Sho-)5.15aを初登し、その隣にあるこのルートを11月に開拓し始めました。白壁フェイスの左のフェイスとカンテを登り、横から見ると終始スカイラインを登る美しいルートです。

非常にデリケートなクライミングが連続し、三段ほどある核心は花崗岩を思わせるような、忍耐力が試される内容です。中間部からカンテが出現しますが、特に限定はありません。グレードは難しめの5.14cといったところだと思います。

白壁フェイスの開拓も残すとこあと昇のダイレクトバージョンのみとなりました。”あきらめるな”からスタートし、上部を登るラインが次のステップとなりそうです」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ