トップページ  >  ニュース一覧  >  【書籍紹介】ビヨンド・リスク 世界のクライマー17人が語る冒険の思想

【書籍紹介】ビヨンド・リスク 世界のクライマー17人が語る冒険の思想

2018年8月29日

いまから26年前の1992年8月29日、とあるクライマーがドイツのアウトバーンで交通事故を起こし、その2日後に亡くなった。ウォルフガング・ギュリッヒである。まだ31歳という若さだった。

ギュリッヒは、世界初の5.14dであるアクシオン・ディレクトの初登、パタゴニアやカラコラムでの高難度フリークライミングのほか、キャンパス・ボードの発明者としても知られ、後世のクライミング界に多大な影響を与えた80年代から90年代を代表するクライマーのひとり。


故ウォルフガング・ギュリッヒの墓。世界中のクライマーからクライミングギアが捧げられている。

そのギュリッヒの、生前の貴重なインタビューを掲載した書籍『ビヨンド・リスク 世界のクライマー17人が語る冒険の思想』が、ヤマケイ文庫から復刊された。本書では、ギュリッヒがクライミングを始めたきっかけや、クライミングに対する考え方、ギュリッヒの死生観などを知ることができる。

本書には、ほかにもロイヤル・ロビンス、ウォレン・ハーディング、カトリーヌ・デスティベル、リン・ヒル、ピーター・クロフトなど計17人のクライマーのインタビューが収録されている。

著者:ニコラス オコネル Nicholas O’Connell 手塚 勲訳
発売日: 2018年8月4日
販売価格:本体1,300円+税
購入はこちらから (Amazon Kindle版もあり)

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ