トップページ  >  ニュース一覧  >  ボルダリングジャパンカップ、石松大晟、野中生萌が初優勝

ボルダリングジャパンカップ、石松大晟、野中生萌が初優勝

2019年1月28日

文=北山 真 写真=山本浩明

1月26日、27日、駒沢オリンピック公園屋内球技場で、第14回ボルダリングジャパンカップが開催された。

女子ファイナルへは、常連である野口啓代、野中生萌、伊藤ふたばに加え、平野夏海、倉菜々子、中村真緒が進んだ。中村はセミファイナルをただひとりの3完登、1位でのファイナル進出となった。


セミファイナルの中村真緒

ファイナルでは常連が底力を発揮し、新人達はゼロ完登となった。3課題を終了した時点で、野口、野中、伊藤がいずれも2完登。息詰まる戦いは最終第4課題にもつれ込んだ。野中がまず3トライで完登、続く野口が同じく3トライで完登、伊藤は完登ならず。野中か野口か? 結果はゾーンポイントの獲得数で勝る野中の初優勝となった。


女子優勝の野中生萌


女子表彰台。左から野口啓代、野中生萌、伊藤ふたば

男子セミファイナルは非常に厳しい内容で、20名中13名がゼロ完登、6名が1完登であった。楢崎智亜がただひとりの2完登で1位通過。

そんなセミを受けて、ファイナルはややマイルドにしたようで、ほとんどの選手が2完登。楢崎は6名中4名が完登している第1課題でつまずく。そんな中、石松大晟がただひとり3完登する。誰も登れていない第4課題で、劇的な楢崎の逆転も予想されたが、ゾーン獲得のみに終わり、石松の初優勝が決まった。


男子優勝の石松大晟


男子表彰台。左から楢崎智亜、石松大晟、土肥圭太。

男子

1 石松大晟(Base Camp)
2 楢﨑智亜(TEAM au)
3 土肥圭太(平塚中等教育学校)
4 村井隆一(千葉県山岳連盟)
5 杉本 怜(マイナビ)
6 藤井 快(TEAM au)

女子

1 野中生萌 (XFLAG)
2 野口啓代(TEAM au)
3 伊藤ふたば(TEAM au)
4 平野夏海(国士舘高等学校)
5 倉菜々子(安城学園高等学校)
6 中村真緒(青山学院大学)

関連リンク:第14回ボルダリングジャパンカップ リザルト

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ