トップページ  >  ニュース一覧  >  門田ギハードが、ハンノキ滝冬季単独初登!

門田ギハードが、ハンノキ滝冬季単独初登!

2021年2月18日

2021年2月12日~15日、富山・立山連峰にあるハンノキ滝を門田ギハードが冬季単独初登した。ハンノキ滝は残雪期や大雨時にだけ現われる“幻の滝”として知られる。通年存在しているわけではないため、公式には落差日本一の座を隣の称名滝(350m)に譲るものの、出現している間は称名滝をはるかにしのぐ落差500mの巨瀑である。


称名滝とハンノキ滝(右)の全景(写真=島田 稜)

冬季初登は2014年2月8日~11日、藤巻浩氏、宮城公博氏のペアによりなされた。以降、第2登が現われなかったが今回、門田が3日間のトライの末、単独での登攀を成功させた。


ハンノキ滝下部登攀中の門田(写真=林 智之)

「ハンノキ滝に憧れを抱いたのは4年前。いつか登りたいなと思っていました。ずっと憧れだった存在は、去年からのコロナの影響でアイスクライミングワールドカップが中止となったことで、今冬の明確な目標となりました。夏から数回現地に偵察に向かい、4年前から集めていた気象データをまとめ、ライブカメラの映像も欠かさずチェックしていました。

ハンノキ滝登攀に向けてトレーニングや準備を進めていくなかで、多くの方が私のチャレンジを応援してくださいました。皆さんの応援、現地でサポートしてくれた仲間のおかげで夢が叶い、無事に下山することができました。単独登攀という形ではありますが、チームで達成した登攀だと感じました。本当にありがとうございました」

*記録の詳細は『ROCK&SNOW』夏号(6月発売)に掲載予定

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ