トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ第5戦クラニで樋口純裕が銅メダル

リードワールドカップ第5戦クラニで樋口純裕が銅メダル

2018年10月1日

文=北山 真     写真=Eddie Fowk/IFSC

9月29、30日、世界ユース、世界選手権などで中断されていたリードクライミングワールドカップの後半戦がスタートした。場所はこれまで常に最終戦となっていたスロベニア・クラニ。日本からは男子9名、女子5名が参加。男子は全員が、女子は3名が予選通過した。

セミファイナル男子では、樋口純裕が5位、波田悠貴が6位、藤井快が7位で通過。女子は平野夏海(16)が5位という好成績で通過。小武芽生は8位と半手差という惜しい成績で9位となった。

男子ファイナルではステファーノ・ギゾルフィがただ一人の完登で優勝。常に安定した実力を見せるヤコブ・シューベルトが2位。そして3位に樋口純裕がみごと入賞、2007年の世界ユース(2位)以来の国際大会での表彰台となった。

女子はベテラン、キム・ジャインが常勝ヤーニャ・ガンブレッツを大きく引き離して優勝。平野夏海は6位に入賞した。

男子

1 ステファーノ・ギゾルフィ(ITA)
2 ヤコブ・シューベルト(AUT)
3 樋口純裕
4 マルチェロ・ボンバルディ(ITA)
5 ショーン・マッコール(CAN)
6 フランチェスコ・ヴェットラータ(ITA)
7 波田悠貴
8 藤井 快
―――――――――――――――――――――――――――――――
10 原田 海
13 本間大晴
14 緒方良行
15 中野 稔
22 中上太斗
23 西田秀聖

女子

1 キム・ジャイン(KOR)
2 ヤーニャ・ガーンブレッツ(SLO)
3 ハンナ・シューベルト(AUT)
4 ジェシカ・ピルツ(AUT)
5 カタリーナ・ポッシュ(AUT)
6 平野夏海
7 カトリーン・チューン(SUI)
8 ミナ・マルコヴィッチ(SLO)
―――――――――――――――――――――――――――――――
9 小武芽生
21 野中生萌

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ