トップページ  >  ニュース一覧  >  第33回リードジャパンカップ、優勝は西田秀聖、森秋彩

第33回リードジャパンカップ、優勝は西田秀聖、森秋彩

2020年8月11日

文=北山 真     写真=小澤信太

最終日11日は、女子準決勝から。全体にラインは蛇行し、全50手という充実したライン、まさに総合力が試される準決勝らしい内容であった。完登は谷井菜月と森秋彩。野口啓代は最終ホールドタッチで3位となった。

続いていよいよ男子決勝。スタートからランジ、クライムダウンを強いられるチクタク、変則ダブルダイノと、非常にクセの強いルートとなった。

いきなり一人目の吉田智音(16)、二人目田中修太が上部に達する。これは完登者続出かと思いきや、逆にダブルダイノで失敗する者が続出する。楢﨑智亜は上部に達するも足がスリップ。

そして最後に日本が誇る若きエース西田秀聖(17)が登場。危ない部分もあったが、ダブルダイノに成功すると、あとは安定した動きを見せ見事完登。文句なしの優勝となった。インタビューでは「来シーズンのワールドカップで年間優勝したい」との一言。その可能性は十分あるだろう。

女子決勝は男子とはうって変わってクセのないルート。最上部のみがホールドが細かい。いきなり一人目の平野夏海(17)が完登。4番手の柿崎未羽(16)も完登。さらに野口啓代も続く。最後の森秋彩(16)は多くの完登者が出ていることを感じながらゆえ、プレッシャーはあったと思われるが、まったくよどみない動きで完登した。

男子

     
1 西田秀聖 TOP 1
2 吉田智音 36+ 8
3 田中修太 36 7
4 楢﨑智亜 35+ 5
5 藤井 快 28+ 2
6 村下善乙 28+ 3
7 樋口純裕 28+ 4
8 緒方良行 28+ 6

※準決勝順位

女子    

     
1 森 秋彩 TOP 1
2 野口啓代 TOP 3
3 柿崎未羽 TOP 5
4 平野夏海 TOP 8
5 谷井菜月 40+ 2
6 小池はな 40+ 4
7 伊藤ふたば 40+ 7
8 阿部桃子 39+ 6

※準決勝順位

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ