トップページ  >  ニュース一覧  >  大木輝一、城ヶ崎のMars 5.14aを第4登

大木輝一、城ヶ崎のMars 5.14aを第4登

2021年2月10日


写真=萩原 悟

2021年2月9日、大木輝一が城ヶ崎・海亀エリアのルーフクラック、Mars 5.14aをレッドポイントした。トライは5日間。故・吉田和正(1989年)、佐藤裕介(2010年)、平山ユージ(同)に続く第4登。レッドポイントは平山に続き二人目。

大木は12月には二子山の乾杯(5.14b)に、1月には行縢山広島ルート大ハングのフリー化(5.14b、ロクスノ次号に掲載)に成功と、このところ絶好調である。

– – – – – – – – – –

— 立ちあがりながら、ぼくは叫ぶ。
何度も叫ぶ。めまいがおきそうだ(吉田和正 岩と雪134号)
— オールナチュラル、波の上でハンギングビレイ、回収はエイドダウン、途中でのロワーダウンは不可、それらの障壁を差し引いて余りある素晴らしい内容を、このルーフクラックは持っている。(中略)このルーフに込められた情熱のかけらが消えてしまうほど、日本のクライミングは浅くないと思いたい
(杉野保、ROCK&SNOW024号)

「これらの文章から伝わってくる2人の情熱や想いにどうしても応えたくてトライを始めました。情熱を繋いでいくことが出来てとても嬉しいです」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ