トップページ  >  ニュース一覧  >  倉上慶大、三峰・シルクハットのプロジェクトに成功

倉上慶大、三峰・シルクハットのプロジェクトに成功

2021年3月1日

倉上慶大が2021年2月27日、埼玉県秩父市の三峰ボルダー・シルクハットの長期に渡るプロジェクトに成功、三輪車(五段)とした。トライは6日ほど(今シーズンの日数、過去に多少のトライあり)。以下は倉上によるコメント。

今シーズントライしていた三峰のシルクハット岩にあるプロジェクトが登れました。エリアに詳しい方たちにも確認をとっているので初登だと思います。課題名は「三輪車」。エリア名の「三峰」と同岩にある課題「一輪車」、また核心のサイファームーブ(と少しのユーモア)を掛けて名付けました。登れてみると、グレードはやさしめの五段くらいかなぁと思います。同じようなランジ核心の課題との比較で、小川山の「冬の日」よりも2グレード以上、豊田の「アガルタ」よりも1グレードほど難しいイメージです。私のムーブでは手数はそれなりにあり、前半は繊細な動きが要求され、後半はダイナミックな動きが要求される静・動の躍動あるラインでした。

三峰のメインエリアの最も目立つ場所にあるラインということもあり、多くのクライマーにトライされてきたであろうにも関わらず登られていなかったという事実は、トライ中も何度も「不可能なんじゃ……」という考えが頭をよぎりました。このプロセスは再登とは全く異なり、プロジェクトと向かう時間では様々な恐れや葛藤が入り乱れます。それでも信じ、通い詰めればラインは見えてくるものだし、可能性は拓けてくる。

昨シーズンのマラ岩「Pass it on」に続き、また一つ、貴重な経験をすることができました。そして、今シーズンはボルダー、ルートクライミングの両方をバランスよくこなせるようになってきたのがとても嬉しい。この経験がビッグウォールやトラッドのプロジェクトにどう活きてくるか、今から楽しみです。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ