トップページ  >  ニュース一覧  >  マラ岩西面ついに陥落、倉上慶大によるPass it on 5.14+ R

マラ岩西面ついに陥落、倉上慶大によるPass it on 5.14+ R

2020年11月29日

倉上慶大が11月12日、小川山・マラ岩西面の上部ブランクセクションを登り「Pass it on」5.14+ Rとした。

西面とは西俣沢を向いた面で、これまで多くのクライマーが壁を見上げその可能性(不可能も含め)を想像していたもの。ルートはJECCから宗宮誠祐による未発表ラインをつなげ1P目とし、オリジナルの上部を2ピッチ目としている。

トライ日数はのべ2日間だが、ムーブ出しから完登までには4年の歳月をかけている。国内の花崗岩最難ルートである。

※詳細はロック&スノー090号(12月7日発売)参照


写真=佐藤正純

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ