トップページ  >  ニュース一覧  >  セブ・ブワン、ベルドン渓谷の9年越しのプロジェクトを完登

セブ・ブワン、ベルドン渓谷の9年越しのプロジェクトを完登

2018年10月12日

フランスのセブ・ブワンが、フランス・ベルドン渓谷の Ramilore Cave で La Côte d’usure(5.15a) というルートを初登した。このラインは彼が 9年前の 16歳のときにボルトを打ったラインで、9年越しの完登となった。

ラインは、渓谷の底から 150m 上にあることより、露出感と高度感を強く感じられるライン。60m と長く、持久力が必要とされるルート。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ