トップページ  >  ニュース一覧  >  世界選手権リードで森秋彩が3位入賞。優勝はヤーニャとアダム

世界選手権リードで森秋彩が3位入賞。優勝はヤーニャとアダム

2019年8月16日


女子表彰台、森秋彩(写真右)が3位に入賞

文=北山 真 写真=山本浩明、小澤信太

八王子エスフォルタアリーナで行われているクライミング世界選手権、ボルダリングに続き、リード競技が8月14日、15日で行われた。

14日の女子予選では、ヤーニャ・ガーンブレットがただ一人の2ルート完登で1位、森秋彩が2位となった。男子予選は楢﨑智亜、ヤコブ・シューベルト、サーシャ・レーマンの3名が両完登、アダム・オンドラはボルダーの不調を引きずっているのか1本目でなんと22位、2本目は完登し10位となった。

15日にはセミファイナルが、男女同時進行で行われた。ルートはボリュームが複雑に組み合わされ、手順で悩まされるパートが多かった。男女とも上部のトラバース部分が核心で、多くの選手がここでフォール。そのパートを抜け出し、何手行けるかがファイナル進出へのカギとなった。完登は男女ともなく、女子はガーンブレット、男子はアレックス・メゴスが1位通過。日本人は女子で森が3位、野口啓代が6位、男子は楢﨑智亜が2位、原田海が5位でそれぞれファイナルへ進んだ。

女子ファイナルはほぼストレートに左上するシンプルなルート。ランジもデッドもない持久系だ。ということで当然森に、日本人は期待したに違いない。ところが森は珍しくトラバースセクションでシークエンスに失敗(読みすぎ?)。あきらかにこれがダメージとなり、上部で力尽きる。最後に登場したガーンブレットも、もちろん最高到達点ではあるが、それほど高度は稼げなかったので、森のあの失敗がなければ、ひょっとしたらと思ったのは私だけではないだろう。


女子決勝の森 秋彩


女子決勝の野口啓代

男子ファイナルは非常に凝った内容。ほとんどの選手が上部トラバースの手前で落ちる中、オンドラが登場。これまでの不調を吹き飛ばすかのような快登で、トラバースをこなし上部へ最高到達点をマーク。楢崎は最上部に行きさえすれば、得意のデッドでトラバースをこなすと思われたのだが、その手前でフォール。最後にメゴスが登場、そつなく上部までをこなすが、オンドラには及ばなかった。


男子決勝の楢﨑智亜


男子決勝の原田 海


男子表彰台(左からアレックス・メゴス、アダム・オンドラ、ヤコブ・シューベルト)

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット SLO
2 ミア・クランプル SLO
3 森 秋彩
4 ソ・チェヒョン KOR
5 野口啓代
6 ジェシカ・ピルツ AUT
7 ヴィタ・ルカン SLO
8 ジュリア・シャヌルディ FRA
ーー
11 小武芽生
14 伊藤ふたば
26 野中生萌(棄権)

男子

1 アダム・オンドラ CZE
2 アレックス・メゴス GER
3 ヤコブ・シューベルト AUT
4 楢﨑智亜
5 ショーン・マッコール CAN
6 ステファノ・ギソルフィ ITA
7 原田 海
8 ハンネス・プマン SWE
ーー
12 楢﨑明智
14 藤井 快
22 西田秀聖

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ