トップページ  >  ニュース一覧  >  山内響、笠置山のエモーション 五段を完登

山内響、笠置山のエモーション 五段を完登

2020年4月2日

2020年3月21日、山内響が恵那・笠置山のエモーション(五段/V14)を登った。小山田大、中嶋徹、竹内俊明、長尾基史、岩崎大介に続く第6登と思われる。トライは7日間。

「エモーションは出だしのランジムーヴが印象的で、フィジカルを強く要求されますが、それと同等に繊細なフットワーク能力が求められました。上部のジャミングパートに数日間費やしてしまい、自らのクライミングの幅の狭さも突きつけられました。友人や先輩方に、たくさん協力してもらっての完登だったので本当に感謝です。エモーションは終わりましたが、クライミングを通してこういう時間を共有しつつ、積み重ねていきたいです」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ