トップページ  >  ニュース一覧  >  ダニエル・ユング、世界最難のクラックRecovery Drinkを第2登

ダニエル・ユング、世界最難のクラックRecovery Drinkを第2登

2018年8月8日

世界最難のクラック、ノルウェー・ヨーシンフィヨルドで、ベルギーのニコラ・ファブレスが初登したRecovery Drink(5.14+)がついに再登された。

Daniel Jungさん(@danieljungg)がシェアした投稿

登ったのはドイツのダニエル・ユング。地元フランケンユーラではThe Elder Statement(9a)を、ファンタジアランドではKaramba(9a)を、スペインではLa Rambla(9a+)を再登している。世界各地で活躍しているユングだが、ベースとしているのはケルン近郊ジ―ゲンのクライミングジム&カフェである。

2013年のファブレスの初登以降、多くのクラックスペシャリストがRecovery Drinkをトライしているが、ことごとく敗退している。その中にはピート・ウィッタカー、トム・ランドールの名前もある。

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ