トップページ  >  ニュース一覧  >  アレックス・オノルド、エルキャピタン・Freeriderをフリーソロ

アレックス・オノルド、エルキャピタン・Freeriderをフリーソロ

2017年6月5日

So stoked to realize a life dream today 🙂 @jimmy_chin photoAlex Honnoldさんの投稿 2017年6月3日

 

いつかはやるであろうと思われていた、アレックスオノルドによるエル・キャピタンのフリーソロがついに成された。ルートは誰もが予想した通りFreerider(5.12d)。サラテのヘッドウォール(5.13c)を迂回するラインだ。オノルドは6月3日 の 5時32分に取り付き、 3時間 56分後の 9時28分に完登している。 最難ピッチが、グレード的にはすでにソロで登っているCosmic Debris(5.13b)より低いとはいえ、1000m強、37ピッチのフリーソロは驚愕以外のなにものでもない。もちろん世界初の快挙となる。

トミー・コールドウェルは「フリーソロにおける、月面着陸」と評価している。

アレックスは昨年の 11月にも一度 Free Rider のフリーソロにトライしているが、体調が良くなかったこともあり、途中で降りている。その後もトレーニングで何度もフリーライダーを登り、今回の成功に繋げている。

Freerider は 1998年にドイツのフーバー兄弟が初登したラインで、Salathe(35ピッチ/5.13c) の核心部をエスケープして登るバリエーションルートになる。エルキャピタンでは最も簡単なルートではあるが、1000m 近いルートの中に 5.12台が数ピッチ、5.11d のオフィズスも出てくるため、グレードだけでは判断できない。

アレックスは 2008年にザイオンの Moonlight Buttress(9ピッチ/ 5.12d)、ヨセミテのハーフドーム・Regular Northwest Face(23ピッチ / 5.12a/b) のフリーソロをしてクライミング界に鮮烈な衝撃を与え、その後も、ヨセミテでは Alien(5.12a)、Cosmic Debris(5.13b)、Heaven(5.12d) などをフリーソロしている。

>>グレード比較表

20160222_news_alex2

アレックスオノルドの動画はこちら

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ