トップページ  >  ニュース一覧  >  2019ピオレドール、涙と喝采のスタンディングオベーションで閉幕

2019ピオレドール、涙と喝采のスタンディングオベーションで閉幕

2019年9月24日

情報提供=Piolets d’Or

9月19~22日、ポーランドのロンデク=ズドルイで開催された山岳フェスティバルで、ピオレドール2019の授賞式が行なわれた。

授賞式に先駆けて、今春カナダのハウズピークの雪崩で亡くなった、ダーフィット・ラマ(オーストリア、28)、ハンスイェルク・アウアー(同、35)、ジェス・ロスケリー(アメリカ、36)の追悼が行なわれた。コンペからアルパインまで幅広く活躍したラマには、ジェームス・ピアソンからヤコブ・シューベルト、アダム・オンドラらがビデオレターを寄せた。

また、ルナーク・リでラマと2度の山行を共にしたコンラッド・アンカー(アメリカ、56)が舞台に上がり、ネパールでの思い出を振り返るとともに、寂しさを乗り越えて祝福の場にしようと会場を鼓舞した。ジェス・ロスケリーには、アメリカを代表するヒマラヤニストである父親ジョン・ロスケリーと妻ジョイスが登壇し、息子への思いを捧げた。


ダーフィット・ラマへのトロフィーは、彼の両親とルナーク・リの2回の山行を共にしたコンラッド・アンカー(左)へ受け渡された


ピオレドールを受け取る、ハンスイェルク・アウアーの母。大家族で育ったアウアーには、兄弟と妹らが駆け付けた


ラトックⅠ峰を北側から初登頂した英・スロベニア隊。授賞式にはアレシュ・チェセン(スロベニア、37、写真左)とルカ・ストラジャール(同、31、写真中央)が登壇し、プレゼンテーターのアンジェイ・シュトレムフェリ(同、62、写真右)からトロフィーを受け取った。シュトレムフェリは1992年ピオドール受賞、2018年に生涯功労賞を受賞している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ