トップページ  >  ニュース一覧  >  中嶋 徹の称名滝フリーソロ動画『ACT ON REASON』公開と記念トークショー

中嶋 徹の称名滝フリーソロ動画『ACT ON REASON』公開と記念トークショー

2019年10月7日

北アルプスの名瀑で、落差日本一を誇る称名滝(4段、350m)をフリーソロした中嶋徹が、その動画のお披露目とあわせて、10月3日、トークショーを行なった。


中嶋(左)と共に2018年、チームフリーで称名滝を登攀した平山ユージ(右)が相手役を務めた

この滝をフリーソロする着想は、昨年、ザ・ノース・フェイスのグローバルアスリートチームで称名滝をフリー登攀した直後に思いついたという。滝の放つ自然の強大なパワー、この滝を心のまま身一つで登れたら、どんなにいいクライミングができるだろう――しかし今年、いざ取り組むとなると、中嶋がふだん活動するフィールド(乾いた岩)と、滝登りでは不確定要素が格段に違った。難易度こそ世界トップクラスの中嶋には問題ではないが、滝登りには、圧倒的な水量と爆風、濡れてもろい岩、足を滑らせるコケ、さまざまなリスクが待ち構えている。そして、なんといっても350mという高さ。

この、一つ間違えれば「死」という恐怖と不安にさいなまれるなかで、中嶋がリスクを細かく分析し、自身のこれまでの経験や登攀力とすり合わせて、理性的に「登れる」と判断するまでの過程が丹念な言葉で語られた。一般からかけ離れた冒険的な行為でも(だからこそ)、トップアスリートがいかに理知的に意志決定し、リスクをコントロールしているか、またその集中力についての知見がうかがえる貴重な場となった。

ドローンを駆使して映し出される称名滝の迫力のある映像には、時折、中嶋の内面に迫るシーンも挿入されている。

 

<備考>
称名滝フリーソロ 2019年8月8日 登攀開始8:07 登攀終了9:45 下山11:42
*『ROCK&SNOW』085号に手記を掲載

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ