トップページ  >  ニュース一覧  >  世界ユース選手権終了、最終日に百合草碧皇が金メダル

世界ユース選手権終了、最終日に百合草碧皇が金メダル

2019年9月1日

文=北山 真 写真=IFSC/ Sytse Van Slooten

8月31日、イタリア・アルコで行われていたクライミング世界ユース選手権が終了した。この日男子ユースAボルダーで、みごと百合草 碧皇(ゆりくさ あお)が優勝した。


男子ユースAボルダーで優勝した百合草 碧皇

百合草は予選グループ2位、セミファイナル4位であったが、ファイナルで大ブレイク、2完登1名、1完登4名という厳しい内容のなかただ一人4完登し、文句なしの優勝を決めた。予選グループ1位、セミファイナル1位と好調の川又玲瑛は、ファイナルでは1完登で5位となってしまった。

女子ユースAは大健闘ながら惜しい結果となった。菊地咲希は予選グループ1位、セミファイナル1位であったが、ファイナルで3位となった。平野夏海は予選グループ2位、セミファイナル2位、ファイナルではフランスのリュッス・ドゥアディにゾーンアテンプト1という超僅差で優勝をさらわれてしまった。

女子ジュニアはイタリアのラウラ・ロゴラが格の違いを見せ圧勝。日本人は3名とも予選通過できなかった。


男子ユースAボルダー表彰台


女子ユースAボルダー表彰台

男子ユースAボルダー(およそ※16~17歳)

※正確には2002、2003年生まれ。以下同様。
1 百合草 碧皇
2 ハミッシュ・マッカーサー(GBR)
3 高田 創
ーー
5 川又 玲瑛
7 坂本 大河

女子ユースAボルダー(およそ16~17歳)

1 リュッス・ドゥアディ(FRA)
2 平野 夏海
3 菊池 咲希
ーー
5 工藤 花

女子ジュニアボルダー(およそ18~19歳)

1 ラウラ・ロゴラ(ITA)
2 ナタリア・グロスマン(USA)
3 ルシア・デルフェル(GER)
ーー
24 中村 真緒
30 黒岡 水夢
36 樋口 結花

また3種目に出場した選手のみを対象に、コンバインドの表彰も行われた。以下は入賞(3位以内)した日本人選手。

男子ジュニアコンバインド(およそ18~19歳)

1 天笠 颯太
2 田中 修太

男子ユースAコンバインド(およそ16~17歳)

1 百合草 碧皇
2 竹田 創

男子ユースBコンバインド(およそ14~15歳)

1 関口 準太

女子ユースAコンバインド(およそ16~17歳)

1 平野 夏海

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ