リードWC第4戦ブリアンソンで本間大晴2位、準決勝1位の谷井菜月は5位


男子表彰台

文=北山 真 写真=IFSC

2022年7月22日、23日、フランス・ブリアンソンでリードワールドカップ第4戦が開催された。日本人選手は男子6名、女子6名全員が予選を通過した。

男子準決勝では本間大晴が3位で、緒方良行が8位で決勝に進んだ。

女子準決勝では谷井菜月が、僅差ではあったがあのヤーニャ・ガーンブレットを抑え1位通過。中川瑠も8位で決勝に進んだ。

男子決勝では開幕戦インスブルックで3位、第2戦ヴィラールで2位となったアメリカのジェシー・グラッパーが終了点直下に迫り優勝した。その下のポイントでは本間とアレックス・メゴス、ヤニック・フロヘーのドイツ勢が同高度、カウントバックで本間が2位となった。


優勝したアメリカのジェシー・グラッパー


好調が続く本間大晴

女子決勝ではヤーニャの最終ホールドタッチで会場が盛り上がる中、谷井が登場。もはや百戦錬磨の彼女でもプレッシャーがあったのであろうか。上位陣の数手下でフォールし5位となった。


初優勝が期待された谷井だったが……

気になる年間チャンピオンだが、女子は4連勝のヤーニャでほぼ決定。男子は本間が2990ポイントで1位だが、2位のジェシーが2522、3位のコリン・ダフィーが2390とその差はわずかである。

残るは9月のスロベニア、イギリス、インドネシアの3連戦。すべてはその結果次第だ。

男子

1 ジェシー・グラッパー USA
2 本間大晴 JPN
3 アレックス・メゴス GER
4 ヤニック・フロヘー GER
5 コリン・ダフィー USA
6 緒方良行 JPN
7 フィリップ・シェンク ITA
8 ハミッシュ・マッカーサー GBR
9 ルカ・ポトカル SLO
   
14 樋口純裕  
23 吉田智音  
24 藤井 快  
26 百合草碧皇  

 

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット SLO
2 ソ・チャヒョン KOR
3 ナタリア・グロスマン USA
4 ブルック・ラブトゥ USA
5 谷井菜月 JPN
6 ラウラ・ロゴラ ITA
7 ヴィタ・ルーカン SLO
8 中川 瑠 JPN
   
14 伊藤ふたば  
20 阿部桃子  
25 大田理裟  
26 小武芽生  

関連リンク

同一カテゴリの最新ニュース