トップページ  >  ニュース一覧  >  【動画紹介】アダム・オンドラ『The Road to Tokyo』

【動画紹介】アダム・オンドラ『The Road to Tokyo』

2018年9月4日

9月6日(木)からオーストリア インスブルックで開催されるIFSCクライミング世界選手権に先駆け、アダム・オンドラによる『The Road to Tokyo』というタイトルの動画が公開された。

 

動画の中でアダム・オンドラはオリンピックの各種目の紹介をおこなっているほか、以下のようなコメントも述べている。

“The Olympic is a challenge I want to accept absolutely. ”

オリンピックは、間違いなく私が受け入れたいチャレンジのひとつです。

“For me, the biggest personal challenge is that, the first time in my life, I will have to train something that I hate.  ”

私にとって、最大の個人的チャレンジは、私の人生で初めて、(スピード種目という)私が嫌いななにかのためのトレーニングをしなければならないということです。”

“I’m not very happy about the format chosen by the climbing federation, but that’s what we get, and I hope it’s a kind of stepping  stone for the future Olympics, and hopefully all three disciplines will be included separately. ”

私は(複合という)クライミング連盟によって選ばれた競技形式をあまり好ましく思っていませんが、これが将来のオリンピックに向けた足がかりとなって、(リード、ボルダリング、スピードの)3種目すべてが個別の種目としてオリンピック種目に含まれるようになることを期待しています。

(日本語は編集部訳、括弧内は編集部が追記)

アダムは、2016年のEpic TVでのインタビューで「不自然な、どこにいっても同じルートで明けても暮れてもトレーニングする(スピード種目の)姿は、本来のクライミングとは大きく異なっている」「クライミングフィロソフィーと相容れないスピードを入れた3種複合など話にならない」「2020年のオリンピックに参加するか、それともボイコットするかは思案中だ」と述べていたが、今回のコメントから、東京オリンピックでの競技形式に対しては引き続き不満を抱えながらも、今回の決定を受け入れ、オリンピックに挑戦していこうという強い意志が伺える。

2年後の東京オリンピックの前哨戦となる今回の世界選手権、アダムがどんな活躍をするのか注目したい。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ