トップページ  >  ニュース一覧  >  小山田大、岐阜・白川のプロジェクト V15/16を初登

小山田大、岐阜・白川のプロジェクト V15/16を初登

2019年12月6日

2019年11月30日、小山田大が岐阜・白川のプロジェクトを完登、サンクタムとした。4mほどの150度のルーフから始まり、徐々に傾斜が落ちてくる全長7mほどのライン。手数はほぼ18手。 トライはのべ12日間。

「この日3回目のトライで初めて下部が繋がり2手進んで落ち、続く4回目はなんと後一手、リップ取りで失敗してしまった。かなり絞ったのでもうダメかとも考えたが、何となく今日この条件を逃してはいけない予感がし、ロングレストを挟んだ5回目、このトライは完璧だった。

不思議な予感はあったものの、まさか今日登れるとは思っていなかった。呆気なく登れてしまった感はあったが、思い返してみるとかなり苦労したと思う。

とにかくこの課題はムーブが複雑かつテクニカルで発見し構築していくのに時間が掛かった。グレードはV15よりは難しいと思うのだが、16かと言われるとかなり怪しい。そもそも自分は15の経験は沢山あるが、16の経験があまりに乏しいため、15からどれくらい離れたら16になるのかが良く解らない。ムーブももっと良いものが発見される可能性もある。暫定的にV15/16、 五〜六段としておく」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ