トップページ  >  ニュース一覧  >  世界選手権リード男子、ヤコブ・シューベルトが優勝

世界選手権リード男子、ヤコブ・シューベルトが優勝

2018年9月11日

文=北山 真

オーストリア・インスブルックで行われているクライミング世界選手権。9日には男子リードのセミファイナル、ファイナルが行われた。

セミファイナルは6名が同じ場所で落ちるという混戦。このため10名がファイナルに進むこととなった。楢崎明智がこの場所から一手上を行き4位で通過した。


セミファイナルのヤコブ・シューベルト

 


セミファイナルの楢崎明智

 

ファイナルは中間の最も傾斜の強いパートに、大きなボリュームが取り付けられ、実質ルーフ状態。ホールドの配置も複雑で、ここをいかにスムーズに突破するかが、勝負の分かれ目となった。

1番手の高田知尭は、落ち着いた登りでここを突破。上部のクリンピーなセクションに達した。2番手の原田海は、中間部で手順につまずきフォール。4番目には、セミファイナルで6名の同高度の中に入ってしまったアダム・オンドラが早くも登場。中間部を難なくこなしさらに10手ほど進み、最高到達点をマークする。7番目に登場した楢﨑明智は高田の2手上まで達する。8番手アレックス・メゴスは上部に達するも、オンドラにはおよばず。

9番手は地元ヤコブ・シューベルト。満場の歓声の中上部に達する。渾身の一手を出すが止まらない。オンドラと同高度。しかしカウント・バックでシューベルトが上だ。最後に登場したドメン・スコフィックが上部の出だしでフォールし、シューベルトの1位が決定した。ジェシカ・ピルツに続き男子も地元オーストリアの優勝となった。

表彰台こそ逃したが、この大舞台、そして最強メンバーの中での楢﨑明智の4位は称賛に値するだろう。

今後の選手権は、10日がレスト日、11日からボルダリング予選、パラクライミング予選が予定されている。

男子リード

1 ヤコブ・シューベルト(AUT)
2 アダム・オンドラ(CZE)
3 アレックス・メゴス(GER)
4 楢﨑明智
5 ドメン・スコフィック(SLO)
6 ヤクプ・コネチュニー(CZE)
     高田知尭
8 ザーシャ・レーマン(SUI)
9 マルチェロ・ボンバルディ(ITA)
10 原田 海
―――――――――――――――――――――――――――
13 楢﨑智亜
17 田中修太

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ