トップページ  >  ニュース一覧  >  女子コンバインド予選、日本人は4人が決勝へ!

女子コンバインド予選、日本人は4人が決勝へ!

2019年8月18日

文=北山 真   写真=小澤信太  

八王子で行われているクライミング世界選手権、8月18日にはオリンピックフォーマットで行われる3種複合のコンバインドの女子予選が行われた。選手はこれまでの世界選手権の成績により選ばれた20名。

1種目目はスピードで、2回のトライによる良いほうのタイムで順位を決定。伊藤ふたばがなんと8秒台で4位、野中生萌も8秒台で5位、野口啓代が10位と順調なスタート。倉菜々子は13位、森秋彩は18位。

2種目目はボルダリング。ショウナ・コクシーが完全復活、4課題一撃で1位。ヤーニャ・ガーンブレットが4完登5アテンプトで2位。野口4位、伊藤5位、野中6位と続く。倉は15位。遠い課題が多く森は16位。


ボルダリング種目の伊藤ふたば


ボルダリング種目の野中生萌

3種目目はリード。森がここで見せた、完璧な読みで完登。森は中ほどの順番であった。あと何人完登が出るか? それによって森の運命は決まる。なにせコンバインドは順位の掛け算。現在×1の森の順位は良いが、それが×2となってしまったら、当たり前だがポイントは倍になってしまい絶望的である。まず怖いのが韓国のソ・チェヒュンだが彼女も完登はできなかった。そして最後にガーンブレット。誰もが完登を予想したであろう。ところが数名が落ちたポイントでフォール、しかも同高度でありながら手順が正規でないということで8位となってしまった。こうして森のポイントは増えず、5位で決勝に進むこととなった。野口が2位となり、総合でも2位という素晴らしい成績。


みごとただ一人の完登を決めたリード種目の森秋彩


リード種目の野口啓代

8名による女子決勝は、8月20日(火) 16:30から行われる。

女子コンバインド予選

    S B L    
1 ショウナ・コクシー(GBR) 14 1 3   = 42
2 野口啓代  10 4 2   = 80
3 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO) 7 2 8   = 112
4 ペトラ・クリンガー(SUI) 8 3 12   = 288
5 森 秋彩  18 16 1   = 288
6 伊藤ふたば 4 5 15   = 300
7 アレクサンドラ・ミロスラフ(POL) 1 19 20   = 390
8 野中生萌 5 6 14   = 420

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ